>

試験では面接がある

この記事をシェアする

答えを事前に用意しておく

面接では、自分の良いところを聞かれることが多いです。
長所をすぐ言えるように、答えを用意しておきましょう。
練習することで、質問された時にスラスラと答えることができます。
面接の練習を大怠ると、質問された時に詰まってしまいます。
すぐに答えを言えないと、面接官に悪い印象を与えます。
事前に練習することで、緊張をほぐせます。

また、中学校を選択した理由は絶対聞かれます
希望理由を考えておきましょう。
この学校で、何を学びたいのか伝えると合格する確率が高くなります。
部活動を頑張りたいと思っている子供もいるでしょう。
そのことを面接で伝えるのも、効果的です。
自分の魅力を、たくさんアピールできるよう練習を積み重ねましょう。

身だしなみに注意させよう

面接では、身だしなみをチェックされます。
きちんと子供に、身だしなみを整えさせることを教えてください。
髪形や、服装に注意しなければいけません。
中学受験に、ふさわしい服装が決まっています。
身だしなみが乱れていると、それだけで印象が悪くなります。
第一印象が非常に重要なので、毎日身だしなみを整えることを癖にさせるのがおすすめです。

癖になれば、試験当日に慌てて身だしなみを整えなくても済みます。
その時だけ身だしなみを整えようと思っても、見落としてしまうかもしれません。
また、言葉遣いも重要視しましょう。
普段から子供が汚い言葉遣いを使っている場合は、早めに改善させましょう。
丁寧な言葉遣いを、教えてあげてください。